Staff Blog スタッフブログ

July 29, 2011

Paris 通信 by Naomi

こんにちは、ウミジマです。

Paris在住のNaomiさんより、Paris通信が届きました。

私も以前から見てみたかった場所の話題です。


 

アパルトマンの中庭

 

アパルトマンの扉が開くと、表からは見えなかった

風景がふと見えることがあります。住人の出入り以外は

扉は普段閉ざされていることが多いので、そんな時は

近所であっても意外な発見に新鮮な気分になります。

フランス人の友人の中には「扉がたまたま開いていたら、

必ず中に入ってみる」という人がいますが なるほど、時々

実践してみると ちょっとした探検気分が味わえます。



 例えば 表の扉をぬけた後、中庭の向こうにたどりつく

にはもう一つの鉄扉があったり


 

le 23 oct Paris 027 180 240.jpg


 

遠くに見える石畳の向こうには さりげなく 

手入れされた中庭が広がっていたり。


 

IMG_4651 180 240.jpg

IMG_4649 240 180.jpgまた 時には 驚くほど長い中庭のある建物もあり

石畳がまるで道路のように感じられるほどですが

 

  Yon-ka 041 240 180.jpg

実はさらに二重構造になっていて どんどん奥へ進んで

いくと もう一つ奥の中庭が見えてきます。

 

Yon-ka 043 240 180.jpg

ここまでくると表通りからもずいぶん遠くなり 

交通の雑音も一切なく パリの中心部にいながら

にしてまるで田舎に隠棲生活しているように静かに

暮らせそうです。

 

夏は冬の間よりも扉が開いていることが多く、また緑が

ひときわ映える季節。表から見た限りでは建物が

平面的に立ち並ぶパリの街ですが、その内側に広がる

隠れた空間を探しながら歩けば ちょっと目先の変わった

パリ散策が楽しめることでしょう。

 

Yon-ka 044 240 180.jpg IMG_4650 180 240.jpg

IMG_4727 180 240.jpg

 

Paris在住 コーディネーターNaomi