Staff Blog スタッフブログ

January 23, 2012

Paris 通信 by Naomi

こんにちは、ウミジマです。

 

Paris在住のNaomiさんよりParis通信が届きました。

とても興味深いお菓子のお話です!

 

 

「ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)」

 

 

フランスでは1月に入ると ケーキ屋さんやパンやさんに

ガレット・デ・ロワというお菓子が並び始めます。これは

キリスト様の誕生を祝って東方からはるばるやってきた

三人の王様が到着したとされるエピファニーという宗教祝日

16日)にちなんだお菓子です。

 

1 240 180.jpg

 

地方によって少しずつ違いがありますが、パリとその近郊の地方の

ガレット・デ・ロワのフィリングにはフランジパンという名前の

アーモンドペーストが入っています。黄色くてややどっしりとして、

日本人的な感性でいえばスイートポテトにアーモンドパウダー

をまぜたような 甘さのほどよいおやつパンといった感覚です。

 

2 240 180.jpg

 

一人用から 8・10人用、注文によってはもっと大人数用

のものまでさまざまな大きさのものがありますが、

大きいものにはパイ生地の中にフェーヴ(そら豆)と呼ばれる

小さな陶器の飾りが入っています。フランス人には

このフェーヴをコレクションしている人も結構いるそうです。

 

3 240 180.jpg 4 240 180.jpg

みなで切り分けたときに フェーブの入った部分に

当たった人が王様もしくは王妃様になり、パイについてくる

王冠を被るといった小さなフェット(パーティー)が子供たち・

家族・同僚の間で行われ、ガレット・デ・ロワを囲んで

新年会という雰囲気の集いになります。

 

5 240 180.jpg 

クリスマスにショコラをたっぷり味わった後の1月のお菓子、

2月初旬にガレットがお店から消え始めるまでに人々が

折々の機会に、または好物として何度も楽しむことになる

季節のお菓子、ガレット・デ・ロワでした。

 

6 240 180.jpg 

 

 

Paris在住 コーディネーター Naomi